HOME > 保険クオリティ

保険クオリティ

生命保険

2011-09-09 
 8月に申込を賜りましたA様宅へ。無事成立しましたので!証券確認で訪問。 A様は知人からの紹介で、初めて!お会いし。 現在A様が必要としている保険内容を確認し、医療保険を提案しました。 CREVA ・保険クオリティー は、来店型の総合保険代理店です :-o   総合保険???あまり聞いたことが無いかも。 1社ではなく数社の中で・・・お客様のニーズで!お客様にとって最善である保険を紹介します。 身内の方が大変な病気になって不安になった・・・私の保険は現在の進歩する医学に対応しているのか見てもらえますか? もし入院したら我が家の生活は維持されますか? 入院したら個室がいいのですが。。。日額足りてますか? いろんな疑問がありますよね正直。 その疑問。。。CREVA・保険クオリティー が解決します。 フリーダイヤルで(0800ー888ー1235)問合せくださいね^^ 待ってます~    

保険選びに必要なことは!?

2011-08-31 
「義理人情」を捨てること、です ;-) ;-) ;-)  いきなりすみません CREVAの古本です みなさま、今ご加入の保険に加入したきっかけは何ですか? えっと、どんな経路で申込したかということです。 「親戚のおばが保険の仕事をやっているから…」 「友人がやっているから勧められて…」「職場でたまたま…」 といった具合ではないですか? こういう経路がいわゆる「義理人情」 人間、生きていく上ではいろいろな人間関係があります。家族・親戚・仕事仲間・学生時代の友人・知人そのまた知人…などなど。 それだけいると、生命保険関係の仕事をしている人が、何人かいることは珍しくないですね :-? その人たちから、生命保険加入を勧められる、というのはごくごく自然な流れです。 「社会人になったのだから、この機会に保険も用意しないとね」 「結婚したのだから、奥様への責任もあるし、保険の加入は大事だよ」 「子供が生まれたのだから万が一の時、家族に不自由ない暮らしをさせるためには保険がいるよ」 こんな風に、色々と声掛けられますよね~ :-P 言い方は少し悪いかもしれませんが、勧めている人に、「悪気はない」でしょう。 別に、その人たちがあなたを騙そうとしたり、カモにしてやろうと思っている訳ではありません。 むしろ、親切心だったり、人助けと思っている人の方が多いかもしれませんね でも、勧められるままに、必要以上の保険料を払い続けている人が多いです。いつも言いますが程度が重要です!! 保険ってそういうものでしょ~  と言われますが、そんなものじゃないです!! 保険については、正しい知識が必要です!!←加入するお客様にもです!! 生命保険はそもそも高額な商品であることを忘れないで下さい。住宅購入額に匹敵します。 一般に生涯で支払う保険料総額は、1,000万円以上と言われています。もっと多いかもしれません。 宝くじを1,000万円分購入しても当たらなかったらただの紙くずになるのと一緒のことが保険にはいえるかも? 毎月数万円だからと、軽く見ないで下さいね。数十年続くと、簡単に1000万円以上になってしまいますよ ※またその間に、「更新」で10年ごとに倍額近くになったり、「下取り」とか言われて割高な保険に切り替えさせられたりするわけです。(更新や転換そのものを否定するわけではない、内容が理解できているかどうかが重要)※   例えば車にしましょう。1000万円の車を購入するときに、車の内容を判らないまま購入することってありますか?  生命保険では、そういうことがあり得る世界なのです。 普通は1,000万円の車を購入するとしたら、メーカーとかカタログとか必死に調べて検討しますよね。 どこのお店の商品が安いか調べたり、比較・検討するのが普通です。 まさか、「親戚のおばちゃんに勧められたから。」なんて理由で決めたりはしないですよね。

生命保険を検討する時は、すべての義理人情を捨てましょう!!

だから、CREVAの担当者にも義理立てする必要はありません。CREVAでは、そのことを最初から説明差し上げています。

「今、最良と思われる保険商品でも、この先も最良かどうかはわかりません。」

「保険は可能な限り、都度見直しが必要です。」 「保険は本当の意味で、ただの「保険」です。」 「誰が保険を勧めているか」ということは、保険選びの検討材料にしない、というくらい厳しくて丁度良いと思います。 最終的には、ご自身の判断で決めるのです!! 保険料を払うのもご自身ですからね。

保険のこと考えすぎないで!!

2011-08-18 
こんにちは :-P  CREVAの古本です :-)  今さらですが わたくし「保険」についてのプロフェッショナルです(*^^)v 自分で言うのは、非常に格好悪いですが こと保険に関しての知識量には絶対の自信があります :oops: そんなわたくしから 皆様に一言アドバイスを 「保険について普段から考える必要は、全くありません。万が一のことを考えて日々生活するのは非常にナンセンスです。」 普段保険を取り扱う人間が このようなことを言って いつもビックリされますが… 年中保険のことを考えることは 馬鹿らしいし時間の無駄です :cry: かといって、保険の見直しが必要ないかと言うとそうではありません :-P 生命保険には見直す タイミングがあるのです 今回はそのタイミングについてお話したいと思います 一般的には 生命保険の見直しタイミングは ①結婚した時 ②子供が生まれた時 ③子供が独立した時 以下 うんぬんかんぬんと続きますが、 それは売り手側の都合のよい ただのきっかけでしょう :-? 本当のタイミングは 

「思い立ったその時です!!」

実は生命保険の見直しのベストタイミングは、思い立った時です。 普段から考える必要はありません。 しかし、友人との会話の中や身内の病気など、 「あれ、自分の保険はどうなっているのかな?」と気になった時にできるだけ 早く希望に近いものに見直すことがもっとも大切です。 その他のチャンスは、普段考えない人のためのきっかけにすぎません。 生命保険の見直しは、やはり早ければ早いほどよいということを忘れないでください。 今、このブログを何気なしに読んでいただいている あなたも今がタイミングかもしれません ;-) 思い立ったときに「あの人に聞いてみよう」と思いだしていただける存在がCREVAのスタッフなのです ;-)

学資保険は義務じゃない!!

2011-08-02 
おはようございます :-) :-) :-)  新居浜で保険といえばCREVA 保険クオリティ 店長の石川です;-) いよいよ8月に突入しましたね。お子様のいるご家庭では、夏休みということで毎日にぎやかなことでしょう :lol: さて、今日は早速 最近 問い合わせNo.1である「学資保険」について紹介したいと思います。 子供が産まれたら、まずは「学資保険」といった考えが多く  ここ最近は 出生前から「学資保険」のご相談をいただくことがあります。 …が、表題にもあるとおり「学資保険」は義務ではありません!! というのも、「学資保険」は家計における保険料の占める割合は非常に大きく、決して安価なものではありませんし、その加入目的があいまいなままだと 将来 元本割れのケースも出てきます。つまり「こんなはずでは…」となってしまう恐れがあるのです。  その性質上、高額な「学資保険」に加入すると 途中で解約してしまうという事態に陥りかねません。 加えて、何度も言いますが「学資保険」の加入目的をハッキリさせておかないと 元本割れとなる商品もあります :-? 加入目的が貯蓄(教育資金)なのに 保障内容の優れた学資保険に加入すると元本割れが生じます。 逆に保障内容は 一般的だけど 貯蓄部分がメインなので 将来元本割れしない といった商品もあります。 単純な話、「学資保険」なのか「こども保険」なのかを見極める必要があります!! 「子供が産まれたら まず学資保険」というのは 保険会社の都合のいいセールストークです。 学資保険ではない別の方法で教育資金を準備している方もいらっしゃいます。 全ての保険にいえることですが、加入目的を明確にしておかないと 後になって 「こんなはずでは…」ということになりかねません。 全ての保険は 「入って安心」ではありません!! 「もらって安心」なのが保険です 検討する際は、是非 ご相談くださいね♪ 学資保険が最も効果的かどうか もう一度私たちと分析してみましょう!!

by グアム 海外挙式編

2011-07-21 
こんにちは :-o  CREVA 保険部門 保険クオリティ店長の石川です ;-) 先日、CREVAのトラベル部門とブライダル部門の研修視察を兼ねて、私の身内のグアム結婚式に参列してきました!! 私自身、初めての海外挙式&海外旅行だったのでドキドキでした :-D  今回は、その一部の画像を掲載しておきます!! 挙式写真については本人の了承を得てないので少ないですが…                  ロケーションは最高!! 新婚の二人も一生の思い出に残る感動の挙式だったと言っていました ;-)  国内の結婚式には今までたくさん参列しましたが、今回のグアム挙式は、「映画のワンシーン」をみているような特別なものでした!! 海外で挙式を考えている方は是非ともCREVAにご相談に来てみてくださいね :-) ついでに保険の情報を少し。海外で病気やケガをしてしまって、もしも入院した場合、生命保険の給付金は国内と同じように請求できることがほとんどですが、海外の病院の「診断書」や現地警察の「事故証明書」などが必要になります!!  加えて海外への送金が認められない保険会社がほとんどですので、入院が長期の場合など 国内と同様に…といった条件ではあてはまらない事態になることも考えられます。 ご注意ください!!

交通事故の経済的損失

2011-07-21 
おはようございます :-P  CREVAの保険クオリティ 古本です ;-)  今朝は交通事故についてのお話を少々。  先日、日本損害保険協会が2009年度の「自動車保険データにみる交通事故の実態」を公表しました。こういったデータは普段、保険業界に属していない限り一般にはあまり知られませんが、案外役立つ情報があるんですよ :-)  さて09年度の交通事故による経済的損失額は「3兆2069億円」となっていました!! 国民一人当たりに換算すると年間約25,000円にもなる金額です。交通事故ニュースを見ない日は、ほとんどないですが被害額もとんでもないですね :roll:  しかし、エアバックなど車のシステムの向上や救命医療技術の革新などで、交通事故による死亡者数は年々減少傾向にあるんです。一方で増えているのが「後遺症」が残る被害者・加害者の数です。命は助かっても 交通事故のダメージはやはり大きいようです。09年度の後遺症が残った被害者数は、6万6850人で損失額は6150億円にのぼります。この損失額はなんと死亡損失額の約5倍にもなるんですよ!!  以上のようなことから、自動車保険を検討する時には、「対人」「対物」無制限とする方はほとんどなんですが、「人身傷害」や「搭乗者傷害」といった自分を守る部分の内容も十分に検討することをお勧めします。  それぞれの補償内容などは今回 割愛させていただきますが、自動車保険は各社様々な商品が販売されております。最近ではインターネットで簡単に加入できる自動車保険もたくさんありますが その保険料もたしかに大事ですが、自分や家族が交通事故にあった時に 十分応えてくれる保険の内容になっているのかといった契約内容を熟知する必要がありますね :-P   とはいえ、自動車保険の内容も一般の方にはまだまだ理解しがたいものになっているかも? もし検討中に不明点がでてきたら、迷わず「CREVAにくれば!!」 CREVAの保険相談は、自動車保険や火災保険 ゴルフ保険など 損害保険分野でも相談可能です!!

台風注意!! 保険金支払いについて

2011-07-19 
おはようございます :-P  CREVAの古本です ;-)  言わずと知れた「台風」ですね… :cry:  なんか名前が「マーゴン」というらしいです。 マーゴンなんて大魔王みたいな名前、不吉だからやめてほしいですね :-?  しかもこの台風、足が遅い 自転車並みです!! 明日もこの台風の影響は続きそうです :-x :-x :-x  瀬戸内海沿岸のこの地域では、毎回さほど台風の影響がないので油断しがちですが、今回の台風は今までとはちょっと違うかも? 十分注意してくださいね!! さて今回は、台風災害においての保険金支払いについてお話したいと思います :-)  万が一、台風で被害を受けた場合 対象となる保険は「火災保険」「自動車保険」「賠償責任保険」が考えられます。 火災保険  風による被害…台風による風災で住宅が損壊した場合、保険金の支払い対象になります :-o  時価契約の場合、損害額は修理費用から減価償却控除をすることになります。ご注意いただきたいのは、免責額が設定されているケースです風災による損害額が20万円を超えた場合にお支払いしますなどの条件がある契約が一般的ですので、20万未満での保険金請求は取扱できない契約がございます。最近では、「風災実損払い特約」などに加入すれば、この免責がないといったパターンもございますが、加入している方は稀かもしれません :-?  水による災害…台風による水害で床上浸水以上の損害を受けた場合 保険金の支払い対象になるのが一般的です。そもそも水害がカバーされる特約が付加されていなければお支払いの対象外となるのでご注意ください!! 自動車保険  車両保険…台風により発生した損害は、保険金のお支払い対象になります。…が、一般車両保険や車両危険限定担保特約といった車両保険に加入していないと、お支払い対象外となります。 車対車のみの事故に有効なだけの自動車保険では、もし台風による洪水で車が水没しても保険金支払いの対象外となる可能性が高いのでご注意!! 賠償責任保険  台風で瓦が飛んだりして隣家の建物や自動車に損害を与えてしまったというケースが報告されていますが、台風が原因である限り一般的には賠償責任が発生しないため保険金のお支払い対象となりません。そうは言っても、あきらかに立てかけているだけの看板や植木鉢など飛散が予見されるものが原因物だった場合は責任が発生する場合もあります。 自然災害による損害賠償に関しては、「過失」による判断も加味されケースバイケースといった具合です。 保険で賄われるだろうからと安易に考えずに やはり事前に台風前に、飛散が予見されるものは固定したり屋内に取り込んだりしておきましょう :-P

よくある質問!! 「生命保険は本当に必要なの?」

2011-07-15 
 こんにちは :-P  新居浜で保険と言えばCREVAの「保険クオリティ」 店長石川(イシカワ)です ;-)  今日は、保険代理店における家計コンサルティングを行うにあたり、  たくさん聞かれる質問について紹介致します♪ その質問とは… 「そもそも生命保険は必要なの?」っというシンプルなものでして  …必要ありません!! と答えたら私たちの存在意義が…無くなってしまいます(笑)  さてさて現在、日本において生命保険に加入している世帯は約90%と言われています。 10世帯あれば9世帯が保険に加入しているという状況です  それはそれは高い普及率なんですね ;-) ;-) ;-)   そんななか「生命保険は本当に必要なの?」を検証していきます  私たちが毎日平穏に暮らせていけるにこしたことはありませんが、どうしても予期せぬ事態を想定しなければいけません。 例えば自然災害が生じたり、事故に遭遇したり、入院することで満足な収入がえられなくなったり、大黒柱の死亡により遺族の生活がままならなくなったりということです。  こうした様々なリスクを「保険金」により「経済的な損失を補填してくれるもの」が生命保険です。 私たちが生活するうえで起きうる万が一の災難の際、必要となる費用をカバーしてくれる生命保険は、精神的な不安を解消してくれる面でも必要不可欠なものといえます。  一方、「十分な預貯金があれば保険は必要ないのでは?」といった考えをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。 もちろん、万が一の災難の費用を十分に賄える預貯金があれば、生命保険に加入する必要性は薄れるといえます。  しかし、今すぐに予期せぬ事態が起きた場合に費用をカバーできる方はそんなに多くないのではないかと思います。 しかもせっかく蓄えた預貯金の使い道は、そういった費用の補てんではなく他の使い道のために貯めたものではないでしょうか?  もし、予期せぬ事態が発生した場合、今までの蓄えを大幅に越えた費用が必要になるかもしれません…。 上記のような観点から、「保険は必要です!!」と自信満々にお答えします!! …が、問題はその程度なのです。  万が一の事態とは、10,000分の1の確率でしか起こりえない事をいいます。 普通に生活していて、10,000分の1の不幸に出くわす可能性は稀でしょう。 もし予期せぬ事態に遭遇しても「遺族年金」「健康保険」で、補われる部分を把握していますか?  保険には、そういった公的保障の部分を差し引いて加入することをお勧めします。  余るくらい金銭に余裕があるならば、保険にたくさん加入すればいいかもしれませんが、 万が一の事態と今の生活を天秤にかければ毎日の生活の方が重きをおくべきだと思います。 「保険は必要か?」と聞かれれば、 正しい答えは、「足りない部分は必要です!!」が正しい答えかもしれませんね。

熱中症の場合、疾病・災害のどちらで保険が適用?

2011-06-30 
こんにちは、CREVA 保険クオリティの石川です。 すごい暑さで困りますね… 昨日は とうとう熱中症でお亡くなりになってしまった方もおられました。熱中症は決して軽視することはできません。初期症状もちょっと気分が悪いかも?といった程度なので、自分自身が深刻さに欠けるということが重体になる引き金になるので注意してください。 少しでも体調がおかしいなと感じたら、直射日光を避け、涼しい日陰に移動し、リラックスできる体勢になり、水分(スポーツドリンク)を十分にとってください。 さて、ここで保険のお話です。熱中症で入院・死亡したら、病気と災害のどちらの保険金が支払われるのでしょうか。 保険の世界では、災害と認めるのは「不慮の事故、または、所定の感染症を直接の原因」とする場合です。熱中症は感染症ではないので、熱中症が災害と認められるかどうかは、不慮の事故とみなせるかがポイントになります。 不慮の事故の定義は、「急激」かつ「偶発的」な「外来」の事故という3つの要件を満たすものとする保険会社が一般的です。 3つの要件の定義は次の通りです。 ●急激……自動車事故や物が落ちてくる、土砂に押し流されるなど突発的な出来事であること ●偶発的……本人が予期し得ない偶然な出来事であること ●外来……身体へ外部から力が加わること で、熱中症はこの3つの要件を満たさないので、災害で保険金は支払われないことになります。 (ただし、かなり特殊な事例ですが、災害と認めた判例があります。) もし、入院するような事態になった時は、「疾病入院」つまり病気の入院が適用されることとなります。…病気でも災害(ケガ)でも、どっちでも保険が支払われるならいいやぁ…と思われた方いると思いますが ここで話を最初に戻すと、「熱中症で亡くなった場合」はどうでしょうか? 大半の方が、ご自身の死亡保障には「災害割増特約」や「傷害特約」などを付加しているのでは?  つまり、「熱中症で亡くなった場合」は、病気死亡とみなされ、災害での割増は無し…となる可能性が高いことをお知らせしておきます。 くれぐれも熱中症には細心の注意を払ってくださいね!!

CREVAイベント実施中!!

2011-06-25 
こんにちは CREVA 保険クオリティ 店長 石川です(*^_^*) 昨日・今日は本当に暑いですね…猛暑日ってなっていますが、イベントの日に限って 暑すぎです!! 今日も昨日に続いてCREVAの駐車場にて「キャラクター風船」や「お菓子つかみどり」、「HOOJAクーポン」によるお得な引換券配布 等々、楽しみ盛りだくさんで行っていますので、是非CREVAの前を通る際は、お気軽にお越しください♪ 昨日は、思いのほか風船が大量に配られて、急遽 風船を追加しました~(^O^)/ もしも、この24日・25日のイベントで風船もらい損ねた~という方がおられましたら 0800-888-1235 までTELください!! 来週まで、お電話いただいた方のために風船保管しておきます :-P
Newer Entries »

保険クオリティ | エステ | スタッフ | スケジュール | 会社概要 | リンク | プライバシー

CREVA

〒792-0035 愛媛県新居浜市西の土居町1-2-22
TEL:0897-38-0549
営業時間:9:00~18:00
定休日:日・祝 (上記時間以外は予約にて対応)

Copyright© 2013 愛媛県・新居浜で保険相談やエステサロンなら|CREVA All Rights Reserved.